<<第69回 汝それをシャングリラと呼ぶか(ジェームズ・ヒルトン) | HOME | 第68回 「恐怖の黒いカーテン」再読(ウィリアム・アイリッシュ)>>