2017.09.26 映画の古本21件を登録しました。
映画の古本20件登録しました。
 書名一覧は以下のページからご覧ください
 http://www.hontama.com/new.html
新規登録書籍
 書籍名をクリックすると商品詳細ページを表示することができます。
 その他の書籍在庫のご確認・ご注文はサイトトップページより
 書名・著者名などでご検索ください

「ユリイカ詩と批評2016年12月臨時増刊号 総特集・『シン・ゴジラ』とはなにか キャストインタビュー、極私的「シン・ゴジラ」論、原ゴジラから新ゴジラへ、帰らないゴジラ他」
塚本晋也、高橋一生、原一男、辻真先、猪俣賢司他 青土社

「オイッチニーのサン 「日本映画の父」マキノ省三ものがたり」
高野澄(マキノ省三) PHP研究所

「女はみずうみ男は舟 大島渚対談集 (女は湖男は舟)」
大島渚 PHP研究所

「パツキン一筋50年 パツキンとカラダを目当てに映画を見続けた男 (パツキン一筋五十年)」
秋本鉄次 キネマ旬報社

「通信講座テキスト 「市民ケーン」 名作シナリオの分析、そのシナリオと分析」
新藤兼人(オーソン・ウェルズ) シナリオ作家協会

「ある映画キャメラマンの一生懸命 前田実自叙伝 (ある映画カメラマンの一生懸命)」
前田実 シネ・フロント社

「こんにちは八名信夫です」
八名信夫 データハウス

「ボーイ・ミーツ・ガール BOY MEETS GIRL 幻想作家としてのカラックス、妄想としての映画史、対談・呼吸するように映画を撮り恋愛する、クライけどなぜか気になる」
西嶋憲生、鈴木布美子、林海象、八坂裕子、醍醐久美子 ユーロスペース

「キャビアのお茶漬け」
藤村俊二/黒澤明・表画 講談社

「同時代作家の発見」
大島渚 三一書房

「脚本家水木洋子と日本映画の黄金時代 市川市文学プラザ開館記念展 2005年10月25日~2006年4月9日開催、於・市川市文学プラザ」
水木洋子市民サポーターの会・編 市川市文学プラザ

「失われた<愛のコリーダ>その再現とポルノ映画論 (失われた愛のコリーダ)」
小川徹(大島渚) 出帆社

「ニッポン映画戦後50年1945~1995 映画と風俗でたどる昭和~平成の時代」
森卓也・監修 朝日ソノラマ

「ゴーモン映画の100年フランス映画の100年 映画生誕百周年記念」
東京国立近代美術館フィルムセンター/岡島尚志、寺尾次郎、佐崎順昭・編 東京国立近代美術館フィルムセンター

「現代英米戯曲選 夏と煙、銘々のテーブル」
テネシー・ウィリアムズ/鳴海四郎・訳、テレンス・ラティガン/小田島雄志・訳 南雲堂

「日本映画技術史」
日本映画テレビ技術協会 日本映画テレビ技術協会

「築地小劇場の時代 その苦悶と抵抗と」
吉田謙吉 八重岳書房

「脚本日本映画の名作2 にっぽん昆虫記、河内山宗俊、悲しみは女だけに、非行少女近、松物語」
今村昌平、長谷部慶次、山中貞雄、新藤兼人、石堂淑朗、浦山桐郎、依田義賢/佐藤忠男・編 風濤社

「脚本日本映画の名作3 吹けば飛ぶよな男だが、カルメン純情す、この子捨てざれば、書を捨てよ町へ出よう、東京物語」
森崎東、山田洋次、木下惠介、柳井隆雄、寺山修司、野田高梧、小津安二郎/佐藤忠男・編 風濤社

「仲よきことは、メイワクか 私たちの人生作法 (仲良き事は、迷惑か)」
大島渚、小山明子 文化出版局

「「マルサの女」日記 (マルサの女日記)」
伊丹十三 文藝春秋


 入荷しました

 ほんのたまご

 藤村俊二をWIKI PEDEIAで調べる

 伊丹十三をWIKI PEDEIAで調べる

電子書籍「文学コラム・いいたま」を公開しました

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へにほんブログ村  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。クリックしてご協力いただければ幸いです。

2017/09/26 13:23 | 新着情報

<<2017.10.03 文化と社会に関する古本20件を登録しました。 | HOME | 2017.09.20 海外文学の古本21件を登録しました。>>