2017.12.06 文学と文化などに関する古本20件を登録しました。
文学と文化などに関する古本20件登録しました。
 書籍名をクリックすると商品詳細ページを表示することができます。
 その他の書籍在庫のご確認・ご注文はサイトトップページより
 書名・著者名などでご検索ください

月刊BH のり子とサメ男のトーク・マガジン 1984年12月5号 対談・井上陽水×明石家さんま、山田邦子×塩沢とき、影山民夫×山本コウタロー うわさのカルチャー・ランキング他
井上陽水、明石家さんま、山田邦子、塩沢とき、影山民夫、山本コウタロー他
パルコ出版

まんが情報こみっくぼっくす1982年10月号 特集・長井勝一「ガロ」編集長 ガロ不完全人脈図、インタビュー、家内制工業的な良さが「ガロ」の永続性、少年手帖より、カムイはどこへ行くか他
長井勝一、手塚治虫、鈴木翁二、権藤晋他
ふゅーじょんぷろだくと

まんが専門誌ふゅーじょんぷろだくと 特集・現代まんが傑作選 「反スター・ウォーズ」から「反原発へ」(科學まんが)、低迷期のなかの秀作群をあげると(少年まんが)、「ガロ」理念としての言画(ガロ系)他
小野耕世、竹内オサム、梶井純、王霙他
らぽーと

まんが専門誌ぱふ1979年7月号 特集・大友克洋の世界 大友克洋の仕事場、インタビュー、世代意識を共有できる優れた表現者、おそろしく幻t慈雨に近いと感じさせる虚構他
大友克洋、真鍋守、渋谷陽一、鏡明他
清彗社

白夜通信1984年第5号 ヒッチコックマガジンの世界、愛すればそこ、メモランダムノート他
三田格他/白夜書房・編
白夜書房

漫画主義1972年9号 勝又進ノート、北川由紀子賛「子守唄考」、権力としての境界と表現の対応力-赤瀬川源平のまんが表現への恣意的注釈、マンガが娯楽であってはいけないか-上村一夫について他
梶井純、吉沢功司、北川由紀子、桂善隆、松島利行(勝又進、赤瀬川源平、上村一夫)
北冬書房

別冊シティロード1号 特集・もうひとつの80年代を読む! 座談会・アメリカ映画だけが映画じゃない! 対談・日本映画の転形期をめぐって 日本ロック界の現状・変身の中のオリジナリティ他
四方田犬彦、西嶋憲生、武田潔、蓮實重彦、松田政男、今井智子他
エコー企画

明和電機の広告デザイン
中村至男、土佐信道
NTT出版

美と知のミーム、資生堂 会期:1998年10月3日~25日、於・オリベホール-東京・六本木- 図録
高辻ひろみ・総合プロデュース/酒井剛、齋藤圭祐、三宅奈穂美・編
資生堂

別冊笑の泉2 新グラマー画法 フランスコント手習鑑、物好きな話、パリの桃色新聞、裸考現学、オシリについて他
玉川一郎、淀橋太郎、三宅一郎、野一色幹夫、長新太他
笑の泉一水社

目で聞くソノシート展 区民がつくる特別展 13年度特別展 於・杉並区立郷土博物館 図録
杉並区立郷土博物館・編
杉並区立郷土博物館

空飛ぶ冒険者武石浩玻 『米国日記』 民間パイロット国内初の犠牲者
佐々木靖章(佐々木浩玻)
川又書店

80年代世相語ガイド(上・下) 朝日ブックレット15、16
榊原昭二・編
朝日新聞社

THE BEATLES FOREVER ビートルズ・モノレコード発売記念制作 ビートルズ日本滞在100時間他
湯川れい子他
東芝EMI

別冊ポエム第2巻11号 特集・五木寛之 書下ろしエッセイ・もう一人の自分 カレリア物語その他、へんな交友、初めての本を贈られた話他
五木寛之、日野啓三、色川武大、野呂邦暢他
すばる書房

WAVE5 特集・メタフィクション 対談・坂本龍一×武邑光裕、バロウズ・ノーツ、アメリカの悪夢、現代アメリカ小説におけるSFの影響、異邦の異邦人たち他
坂本龍一、武村光裕、鈴木聡、ケネス・マシスン/上岡伸雄・訳、鏡明他
ペヨトル工房

SFゴタゴタ資料大全集 別冊・奇想天外 日本SF作家著者リスト、SF叢書リスト、SFアンソロジー・リスト、SF超人名辞典、SF超地名辞典他
若尾天星、高井信他・編
奇想天外社

SF再入門大全集 別冊・奇想天外 決定版海外SFベスト10、映画化されたSF作品完全リスト 最近のSFはどうしてこんなに面白いのだろう、対談・SFは何から読むべきか、ソ連におけるSFの読まれ方他
石上三登志、安田均、石川喬司、伊藤典夫、深海弾他
奇想天外社

the SECOND第1号 小説・聖なる宇宙の悶え、評論・「狂気」からの逃避、小説・倫敦の奇妙な一夜、評論・幻想への回帰、文庫絶版リスト・サンリオ文庫、新潮文庫、ハヤカワ文庫、創元文庫、角川文庫、講談社文庫 他
青島岳志、紅山智之、北原尚彦、山内秀朗他
山内秀則、熊谷孝行

萩原朔太郎詩集「月に吠える」一〇〇年記念展 -ここからすべてが始まった 会期:2017年7月22日~10月9日 於・前橋文学館 図録
萩原朔太郎記念水と緑と詩のまち前橋文学館・編
前橋文学館


電子書籍「文学コラム・いいたま」を公開しました

海外文学作品についてのコラム「たまたま本の話」を掲載しています。
「たまたま本の話」はミニコミ紙「miniたま」に毎号掲載しているコラムです。
「miniたま」はインターネット古書店「ほんのたまご」とお客様を結ぶ架け橋として、
ご注文書籍とともにお送りしております。

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へにほんブログ村  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。クリックしてご協力いただければ幸いです。

2017/12/06 13:38 | 新着情報

<<第88回スマホなき時代のミステリ(結城昌治)文学に関するコラム・たまたま本の話 | HOME | 2017.12.02 文化と社会に関する古本20件を登録しました。>>