<<第65回 女性とサソリとステッキの「博物誌」(ロアルド・ダール) | HOME | 第64回 名探偵マキアヴェリ(トマス・フラナガン)>>