第76回「尊い神聖な血」の物語(モーリツ・ジグモンド)文学に関するコラム・たまたま本の話

電子書籍「文学コラム・いいたま」を公開しました
関連書籍 関連書籍
モーリツ・ジグモンドと聞いて思い当たる読者は、相当なヨーロッパ文学通であろう。インターネットで引くと、おおむねこう紹介されている。
「1879-1942、ハンガリーの作家。神学や法学を学び、新聞記者となるが、父の仕事の失敗で窮乏生活を送った体験をつづった短編『七クロイツァー』(1908年)で一躍文壇に認められ、作家生活に入る。その後『泥金』(1910年)や『神の背後で』(1911年)などで、自然主義からリアリズム作家に脱皮する。各地を取材し、農村や地方町の支配層の退廃した生活、貧しい農民の姿をリアルに描き、社会派の作家として人気を博す。ハンガリー近代散文学の祖で、ハンガリー・リアリズムの創始者である。他の作品に『ウリ・ムリ』(1928年)、『幸せな人』(1935年)など」
そのモーリツの出世作「七クロイツァー」は、ずいぶん以前から邦訳されていて、最近では傑作短編アンソロジー「青ひげ公の城―ハンガリー短編集―」(バラージュ・ベーラ他、徳永康元編訳、1998年、恒文社刊)に収録されている。短い作品だが、一読して余韻を残す。内容に触れるので未読の方はご注意を。
タイトルにあるクロイツァー(Kreuzer)は、オーストリア、ドイツ、チェコ、ポーランド、ハンガリー、ルーマニア、スイスなどで19世紀後半まで使用された通貨の単位である。一般に額面の低い単位なので、コインは銅貨または低品位の銀貨で製造された。
母親と子供の頃の私が、午後の洗濯に使う洗剤を買うために、7枚のクロイツァー銅貨を探し回ることになる。3枚はミシンの引き出し、1枚は戸棚の中で見つかった。残る3枚がなかなか見つからない。かくれんぼの子供を捜すようなユーモラスな描写で銅貨探しの物語は進み、5枚目が掛けてある父の服のポケットから見つかり、6枚目が母自身の着ている服のポケットから見つかった。
残るは1枚、しかし辺りが暗くなってもこれが見つからない。そこに乞食が物乞いに来る。洗剤を買うにも1クロイツァー足りない貧乏暮らしで、恵んでやれないと母が言うと、何と乞食が1枚のクロイツァーを逆に施して去っていく。ついに7クロイツァーそろった。洗剤は買えるが、しかしすでに夜になっていて、洗濯をするために家を照らすランプの油が買えないのだった。切ない話だが、さらに切ないのは結末で、ことの次第に大笑いしていた母が急に咳き込み、吐血する。その「尊い神聖な血」を見ながら、私は他の貧しい誰にもまして、心から笑うことのできた母を誇りに思う――。
リアリズムというよりも、宗教観に満ちあふれた傑作であろう。乞食がくれた1枚の銅貨は実はキリストからの贈り物であり、母が吐いた血は磔刑に処されたキリストが流した聖なる血にも匹敵するのではないか。そんなことを思わせる物語になっている。
そこで思い出すのは、作者のモーリツ・ジグモンドが、晩年の1940年に「みなし子」という中編小説を書いていることだ。後期の代表作とされ、36年後の1976年にハンガリーで映画化されている。ラースロー・ラノーディ監督の傑作「だれのものでもないチェレ」である。VHSが長いこと廃盤になっていて、2015年10月にようやくDVD化された。ちなみに日本での劇場初公開は1979年3月、東京・神保町の岩波ホールであった。
さっそくDVDで何10年かぶりに見直してみたが、やはり素晴らしい映画だと感心した。それとともに、主人公のみなし子、チェレが劇中で歌うこんな歌が妙に気になった。
「星の露を運ぶ黒い凧/僕の恋する黒い瞳の少女/リピチョンベ ラパチョンバ/今日は荷車に乗っておいで/リピチョンベ ラパチョンバ/今日は荷車に乗っておいで」
――おおむねこんな歌詞で、まだ見ぬ母に森で教わったという。チェレは優しくしてくれたおじいさんの前で快活に歌って踊る。調べてみたが歌詞の意味は分からない。しかしチェレの歌い方とは裏腹に、決して明るい歌ではないだろうと感じられる。
ずっと後だが、チェレが家を追い出されて並木道を歩いていると、行き倒れなのか自殺なのか、女性の死体を憲兵が片付けているところに出くわすシーンがあるからである。憲兵はチェレに「あっちへ行け」と言い、枯れたトウモロコシの木を山のように積み上げた馬車に、女の死体を乗せて運んでいく。つまり歌詞にある「今日は荷車に乗って」やって来るのは、まぎれもなく「死」なのである。
映画には、磔刑に処されたキリストを抱くマリア像も出てくる。おじいさんとチェレが教会に礼拝に行くシーンだ。キリストは「尊い神聖な血」を流している。そしてラスト近くのクリスマスの日。豚が喉をかき切られ、殺された後で血を抜かれ(またしても「尊い神聖な血」が流される)丸焼きにされて、食卓に供される。村人たちが集まって晩餐となるが、チェレは何も食べることを許されない。結局、みなし子チェレは引き取られたどこの家でも幸せがつかめずに、クリスマスの夜に一人、牛小屋で炎に巻かれて死んでいく。どこかにいるはずの母に「キリストに私へのプレゼントをくれるように伝えて」と祈りながら。
この映画を見ていると、まだ見ぬ母とチェレの運命が、「七クロイツァー」の私と母の運命にオーバーラップする。両作で母と子の立場は入れ替わっているが、その下敷きにあるのは聖母マリアとキリストの姿なのだろう。過酷な運命をたどるチェレや吐血する母の姿はとても悲惨だ。しかしキリストは死してのち復活する。われわれはそこに救いを求めたいと思う。(こや)
「だれのものでもないチェレ 映画パンフレット」
「青ひげ公の城 ハンガリー短編集 蛙、七クロイツァー、水浴、父と子、運命、チョーカイさん他 」

だれのものでもないチェレをWIKI PEDEIAで調べる

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へにほんブログ村  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
クリックしてご協力いただければ幸いです。

海外文学作品についてのコラム「たまたま本の話」を掲載しています。
「たまたま本の話」は「miniたま」に毎号掲載しているコラムです。
「miniたま」は、インターネット古書店「ほんのたまご」とお客様を結ぶ架け橋として、
ご注文書籍とともにお送りしているミニコミ紙です。
「miniたま」のバックナンバーPDF版はこちらからどうぞ

2016/12/10 15:05 | コラム「たまたま本の話」
2016.12.07 海外文学の古本20件を登録しました。
本と文学に関する古本20件登録しました。
 書名一覧は以下のページからご覧ください
 http://www.hontama.com/new.html
電子書籍「文学コラム・いいたま」を公開しました
新規登録書籍
 書籍名をクリックすると商品詳細ページを表示することができます。
 その他の書籍在庫のご確認・ご注文はサイトトップページより
 書名・著者名などでご検索ください

「詩神は渇く アルコールとアメリカ文学 THE THIRSTY MUSE (詩神は乾く)」
トム・ダーディス/関弘、秋田忠昭・訳 トパーズプレス

「ラテンアメリカ短編集 モデルニズモから魔術的レアリズモまで 降誕祭の宴、客人、「ブランカ農園」、息子、日曜日の授業他」
ルベン・ダリオ、ラファエル・バレット、クレメンテ・パルマ、オラシオ・キロガ、フェルナンド・テリェス、他 彩流社

「現代アメリカ文学講義 フィギュール彩60」
岩元巌 彩流社

「誕生日 Cumpleanos」
カルロス・フエンテス/八重樫克彦、八重樫由貴子・訳 作品社

「現代詩手帖1997年11月号 追悼特集・ウィリアム・バロウズ 対談・バロウズを読め!ウィリアム・バロウズとの出会い、睡眠を文学に変換できるか、偵察隊からの報告、カット・アップの過去現在未来、バロウズ・ジジイの声の旅他」
山形浩生、柳下毅一郎、ポール・ウィリアムズ/遠藤朋之・訳、飯田隆昭、旦敬介、川端隆之、小沼純一他(ウィリアム・バロウズ) 思潮社

「アメリカ短篇24 神に誓って、エズミに捧ぐ、満たされた願い、菊、つくりものの黒ん坊、借金、乾いた九月、キリマンジャロの雪、未来の息子、びっくりハウスの迷子他(アメリカ短編24)」
オルグレン、サリンジャー、オーツ、スタインベック、オコナー、マラマッド、フォークナー、ヘミングウェイ、ベロー、バース他 集英社

「20世紀文学のすべて 集英社版「世界の文学」発刊記念 アメリカの文学、フランスの文学、スペインの文学、ロシア・ソヴェトの文学、ポーランドの文学、イギリスの文学、ドイツの文学、イタリアの文学、アジア・アフリカの文学 (20世紀文学の全て)」
井上謙治、岩崎力、鼓直、水野忠夫、工藤幸雄、中川敏、小沼孝志、飯吉光夫、千種堅、土屋哲/篠田一士・編 集英社

「光の世紀 El siglo de las luces 叢書アンデスの風」
アレホ・カルペンティエル(アレッホ・カルペンティエール)/杉浦勉・訳 書肆風の薔薇

「大尉のいのしし狩り The Captain’s Boar Hunt and Other Stories (大尉の猪狩り)」
デイヴィッド・イーリイ/深町眞理子、白須清美他・訳 晶文社

「ブロードウェイの出来事」
デイモン・ラニアン/加島祥造・訳 新書館

「魔術的リアリズム 20世紀のラテンアメリカ小説 水声文庫」
寺尾隆吉 水声社

「ユーモア・スケッチ傑作展(1・2・3) おもしろいやつ、善玉と悪玉、スケート再訪、英国人入門、電話ください、ディナー・ブリッジ他」
サーバー、バックウォルド、ベンチリー、ミケシュ、パーカー、ラードナー他 早川書房

「狼の一族 アンソロジー・アメリカ篇 異色作家短篇集18 ジェフを探して、貯金箱の殺人、どんぞこ列車、浜辺にて、狼の一族他」
フリッツ・ライバー、ジャック・リッチー、ハーラン・エリスン、R・A・ラファティ、トーマス・M・ディッシュ他 早川書房

「ハーロー その異常な愛と性 HARLOW」
アーヴィング・シュルマン/平井イサク・訳(ジーン・ハーロー) 早川書房ハヤカワ・ノンフィクション

「三人の女 three lives」
ガートルード・スタイン/富岡多恵子・訳 筑摩書房

「関係の力学 ロレンス、スパーク、カーヴァーの場合」
杉山克枝(デヴィッド・ハーバード・ロレンス、ミュリエル・スパーク、レイモンド・カーヴァー) 八潮出版社

「ブルベイカー BRUBAKER 評論社の現代選書30 (ブル・ベイカー)」
ウィリアム・ハリソン/越智道雄・訳 評論社

「フォークナー全集24短篇集1第19回配本 (フォークナー全集24短編集1)」
ウィリアム・フォークナー/志村正雄・訳、岡庭昇・解説 冨山房

「タイムマシンの殺人 Elsewhen ダーク・ファンタジー・コレクション3」
アントニー・バウチャー/白須清美・訳 論創社

「悪魔の辞典(対訳篇、評註篇)」
アンブローズ・ビアス/郡司利男・訳 こびあん書房


 入荷しました

 ほんのたまご

 デイモン・ラニアンをWIKI PEDEIAで調べる

 岩元巌をWIKI PEDEIAで調べる

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へにほんブログ村  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。クリックしてご協力いただければ幸いです。

2016/12/07 13:39 | 新着情報
2016.12.04 海外文学の古本21件を登録しました。
本と文学に関する古本21件登録しました。
 書名一覧は以下のページからご覧ください
 http://www.hontama.com/new.html
電子書籍「文学コラム・いいたま」を公開しました
新規登録書籍
 書籍名をクリックすると商品詳細ページを表示することができます。
 その他の書籍在庫のご確認・ご注文はサイトトップページより
 書名・著者名などでご検索ください

「翻訳文芸発禁考 あまとりあ終刊号付録」
齋藤昌三・編 あまとりあ

「ロシア手帖1981年第13号(復刻)~1993年第37号25冊」
江河卓、水野忠夫、亀山郁夫、工藤精一郎、原卓也他 ロシア手帖の会(原卓也)

「悪魔の人形 20世紀のロシア小説」
ジナイーダ・ギッピウス/村手義治・訳 白水社

「タイベレと彼女の悪魔 TAIBELE AND HER DEMON」
アイザック・バシェヴィス・シンガー(アイザック・B・シンガー)/大崎ふみ子・訳 吉夏社

「ワルシャワで大人になっていく少年の物語 A DAY OF PLEASURE」
アイザック・バシェヴィス・シンガー/金敷力・訳 新潮社

「ポロニカ1990年創刊号 ポーランド文化の現在・過去・未来 インタビュー・スタニスワフ・レムに聞く好きな作家嫌いな作家 ポーランド映画がダメになる?、ポーランドのバシリスク伝説、小説・老ドクター、ポーランド文学と加藤朝鳥他」
スタニスワフ・レム/村手義治・訳、山田正明、栗原成郎、ボグダン・ヴォイドフスキ/小原雅俊・訳、吉上昭三他 恒文社

「マルペルチュイ MALPERTUIS 妖精文庫19」
ジャン・レー/篠田知和基・訳 月刊ペン社

「サンダリング・フラッド The Sundering Flood 妖精文庫12」
ウィリアム・モリス/中桐雅夫・訳 月刊ペン社

「鷲の巣 Eagles’Nest」
アンナ・カヴァン/小野田和子・訳 文遊社

「ミューリエル・スパークを読む (ミュリエル・スパークを読む)」
大社淑子(ミュリエル・スパーク) 水声社

「マロウンは死ぬ MAOLNE DIES (マローンは死ぬ)」
サミュエル・ベケット/高橋康也・訳 白水社

「並には勝る女たちの夢 Dream of fair to middling women」
サミュエル・ベケット/田尻芳樹・訳 白水社

「ケイレブ・ウィリアムズ CALEB WILLIAMS 海外小説永遠の本棚 白水社uブックス206」
ウィリアム・ゴドウィン/岡照雄・訳 白水社uブックス

「フランス文学は役に立つ! 「赤と黒」から「異邦人」まで Litterature francaise」
鹿島茂 NHK出版

「グラント船長の子供たち1・2 ヴェルヌ全集17・18 LE ENFANTS DU CAPTAINE GRANT (グラント船長の子供達)」
ジュール・ヴェルヌ/大久保和郎・訳、滝瀬弘・挿画 集英社コンパクト・ブックス

「インド王妃の遺産 ヴェルヌ全集12 LES 500 MILLIONS DE LA BEGUM」
ジュール・ヴェルヌ/中村真一郎・訳、鈴木昇治・挿画 集英社コンパクト・ブックス

「気球に乗って五週間 ヴェルヌ全集7 CINQ SEMAINES」
ジュール・ヴェルヌ/手塚伸一・訳、滝瀬弘・挿画 集英社コンパクト・ブックス

「シナ人の苦悶 ヴェルヌ全集11 LES TRIBULATIONS DUN CHINOIS EN CHINE」
ジュール・ヴェルヌ/石川湧・訳、滝瀬弘・挿画 集英社コンパクト・ブックス

「魔法使いの弟子 Der Zauber lehrling oder dis Teufelsjager」
ハンス・ハインツ・エーヴェルス(H・H・エーヴェルス)/佐藤恵三・訳 創土社

「郵便馬車にゆられて ドイツ・ロマン派全集18  荒野と悪路、旅日記、ヴュルツヴルク通信、ベルリンだより第一信、パリからの手紙、ローマの日々、旅の道づれ他」
ヨハンナ・ショーペンハウアー、ノヴァーリス、クライスト、ハイネ、ペルネ、リヒター、アンデルセン他 国書刊行会

「呪縛の宴 ドイツ・ロマン派全集17 カール・フォン・ベルネック、二月二十四日、罪、ミュルナー、帰郷、先祖の女他」
ティーク、ヴェルナー、ミュルナー、フーヴァルト、グリルパルツァー 国書刊行会


 入荷しました

 ほんのたまご

 アンナ・カヴァンをWIKI PEDEIAで調べる

 ウィリアム・ゴドウィンをWIKI PEDEIAで調べる

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へにほんブログ村  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。クリックしてご協力いただければ幸いです。

2016/12/04 14:51 | 新着情報
2016.12.01 本と文学に関する古本20件を登録しました。
本と文学に関する古本20件登録しました。
 書名一覧は以下のページからご覧ください
 http://www.hontama.com/new.html
電子書籍「文学コラム・いいたま」を公開しました
新規登録書籍
 書籍名をクリックすると商品詳細ページを表示することができます。
 その他の書籍在庫のご確認・ご注文はサイトトップページより
 書名・著者名などでご検索ください

「故郷の本箱 上林暁傑作随筆集」
上林暁/山本善行・撰 夏葉社

「現代文学の射程と構造」
高野斗志美 潮出版社

「松本清張 戦後社会・世界・天皇制」
綾目広治(松本清張) 御茶の水書房

「クレア1994年10月号 たのしい文学・池澤夏樹が選ぶ世界恋愛小説全集、誌上対決!吉本隆明VS安原顕「村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』は愚作中の愚作か?」、映画と小説のちょっといい関係他」
池澤夏樹、吉本隆明、安原顕、瀬戸川猛資他 文藝春秋

「サライ1995年2月16日131号 特集・牧水、実篤、安吾、直哉・・・文士の落書き絵 佐藤春夫、萩原朔太郎、若山牧水、石川達三、石川啄木、武者小路実篤、夏目漱石、坂口安吾、太宰治、志賀直哉、池波正太郎、壇一雄」
モノアート、森角剛他(佐藤春夫、萩原朔太郎、若山牧水、石川達三、石川啄木、武者小路実篤、夏目漱石、坂口安吾) 小学館

「アメリカ青春小説特集 小説新潮3月臨時増刊 潮騒の少年、ブルーミング、ゴースト・ソルジャーズ、頭の中で何かがかちんと鳴る、ささやかな歓び、アメリカ作家の仕事場他」
ジョン・フォックス/越川芳明・訳、ティム・オブライエン/村上春樹・訳、イーサン・ケイニン/柴田元幸・訳他 新潮社

「Edi創刊号 気になる雑誌の編集長インタビュー・ビックリハウス、フォーカス 特集・編集室初公開女子大生のアンアン編集室潜入ルポ 今だから話そう編集裏話他」
髙橋章子、後藤章夫、小沢浩子、本荘豊平、赤羽建美、高木清他 日本エディターズ

「本と批評1981年1月号 特集・ビラの社会史 ビラの精神、革命とマスコミ、フランス左翼出版物の系譜、詩ビラの想い出他」
鎌田慧、良知力、相良匡俊、猪野健治他 日本エディタースクール出版部

「季刊無尽1973年第2号 座談会・自ら存在することと政治’68 連載・出発することの意味2、語り継がれるべき歴史1 旅・啄木妄想、木喰行道 評論・政治哲学の転回、共同体問答」
丸山邦男、新島淳良、五十嵐良雄、梅原正紀、菅谷規矩雄、田村正敏、三橋俊明、中原宏一、南田勘太、木村剛久、古川猛他 無尽出版会

「闇一族第2号 越後瞽女日記より、性と演技の出会い-異艶さへの発想、可奈物語-ヨムとマオとヒコ、鬼の復権-「怨」と「隠」の交錯を通して、闇の中の少女たち-われらが内なる流民へ他」
齋藤真一、衛紀生、牛六郎太、松永伍一他 早稲田出研

「月刊絵本1974年1月号 特集・童画の世界 対談・童画の歩んだ道、童画と童画風、「コドモノクニ」の頃、童画とわたし他」
藤田圭雄、上笙一郎、中川正文、武井武雄、井口文秀、久保雅男、水野二郎、小林純一、奈街三郎他 すばる書房

「月刊絵本1978年7月号 特集・かみしばい 紙芝居の魅力、紙芝居のドラマツルギー、文献を中心に見た紙芝居研究、紙芝居の演じ方他」
いぬい・たかし、堀尾青史、田中博康、渡辺泰子他 すばる書房

「季刊絵本1983年3月6号 特集・長谷川集平グラフィティ 長谷川集平の軌跡と近況、詩人的資質が滲む初期の絵本、感銘もあらたな最近作、「夏のおわり」について、さし”絵”としての絶妙さ他」
長谷川集平、松本猛、和田誠、佐野洋子、灰谷健次郎他 すばる書房

「貸本マンガ史研究12号 冷戦・原水爆実験そして貸本マンガ、貸本屋のある風景、みやはら啓一氏インタビュー、戦後・貸本・マンガ(下)鵜野博吉さんと大竹正春さんに聞く他」
三宅政吉、権藤晋、みやはら啓一、梶井純、鵜野博吉、大竹正春他 シナプス

「棲 2013年秋冬号 特集・本があるから 活字の旅へ信州で見つけたブックカフェ(ひふみよ、麦小舎、読書の森、まいまい堂)、私の好きな「本のある場所」他」
黒川弘子/半田勇二・写真、木村由花他 自由空間

「BOOK5 2013年9月第9号 特集・古書目録探究 古書目録と印刷屋、たのしいたのしい古書目録、即売展と古書目録 特別収録・トークショー薔薇十字社外伝他」
林哲夫、古書赤いドリル、黒沢書店、シルバーゼラチン、川口秀彦、内堀弘、東原武文他 トマソン社

「BOOK5 2013年1月第5号 特集・名画座の時代! カンペキなかんぺ記、極私的名画座遍歴、映写の仕方おしえます、新春鼎談・東京近郊名画座事情」
のむみち、河田拓也、左岸洋子、塩山芳明、朝倉史朗他 トマソン社

「無頼の文学第20号 対談・父・田中英光 戦後文学景象-水上勉と田中英光、織田作之助の「風俗小説」、「夫婦善哉」試論、織田作之助「青春の逆説」論、宮田一枝の女学生時代他」
田中光二、島田昭男、宮川康、岸田恵子、田口茂、山路峯男他(田中英光、織田作之助) 無頼文学会

「Bookish ブッキッシュ10号 特集・杉山平一 詩とシネマと散文と ロングインタビュー、映画という開かれた窓、「背たかクラブ」のわかりやすさ、杉山平一おおらかに繋ぐ明晰な詩業、杉山平一の「抒情の科学」他」
杉山平一、川本三郎、林哲夫、安永稔和、佐古祐二他 BOOKISHの会

「季刊Bookish ブッキッシュ3号 特集・木山捷平 「満州国」の木山捷平、木山捷平賛江、木山捷平と太宰治、木山捷平さんのユーモア、「流浪抄」他」
木山捷平、川村湊、藤原龍一郎、長部日出雄、栗谷川虹他 ビレッジプレス


 入荷しました

 ほんのたまご

 木山捷平をWIKI PEDEIAで調べる

 杉山平一をWIKI PEDEIAで調べる

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へにほんブログ村  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。クリックしてご協力いただければ幸いです。

2016/12/01 14:22 | 新着情報
2016.11.28 社会と文化に関する古本21件を登録しました。
社会と文化に関する古本21件登録しました。
 書名一覧は以下のページからご覧ください
 http://www.hontama.com/new.html
電子書籍「文学コラム・いいたま」を公開しました
新規登録書籍
 書籍名をクリックすると商品詳細ページを表示することができます。
 その他の書籍在庫のご確認・ご注文はサイトトップページより
 書名・著者名などでご検索ください

「スポーツ名勝負物語 栄光をめざすライバルの記録 かもめの本1」
近藤唯之 金の星社

「「YES」と言えなかった大リーガー 来日ガイジン選手200人の告白 (YESと言えなかった大リーガー)」
マーティ・キーナート ベースボール・マガジン社

「ザ・ダッグアウト 巨人軍人間学 知られざるスター選手の素顔」
岩川隆 徳間書店

「巨人V9 50年目の真実 栄光の時代を築いた名選手、立ち向かったライバル33人の証言」
鵜飼克郎(長嶋茂雄、王貞治) 小学館

「アメリカ野球珍事件珍記録大全」
ブルース・ナッシュ、アラン・ズーロ/岡山徹・訳 東京書籍

「銀座百点撰集 エッセイ・わが銀座、銀座の掘り出し物、”カクテル・ワゴン”、花売り祖母さんのこと、銀座の入り口、銀座の植物その後、おしゃべり銀座、小さな空・大きな空、釣りキチ民族、むかしのこと他」
三島由紀夫、河盛好蔵、開高健、結城昌治、平林たい子、串田孫一、半村良、城山三郎、近藤紘一、水上勉他 銀座百点会

「ヒーローグラフィティ43 こっちが主役」
松田吉雄 青樹社

「和田誠「時間旅行」 タイムトンネルシリーズ6 1997年10月13日~11月7日開催、於・ガーディアン・ガーデン」
和田誠/ガーディアン・ガーデン・編 リクルート

「漫画と表現」
佐藤忠男 評論社

「現代マンガ論」
副田義也 日本経済新聞社

「モヒカン族の最後、水戸黄門漫遊記 杉浦茂ワンダーランド7」
杉浦茂 ペップ出版社

「タモリだよ!」
平岡正明(タモリ、森田一義) CBS・ソニー出版(CBSソニー出版)

「俺の三波伸介 もうひとつのてんぷく人生」
伊藤四朗(三波伸介) 中央アート出版社

「新・昭和30年代通信 1955-1964」
永倉万治 小学館ビックスピリッツブックス

「新時代感覚キーワード」
グループ85/日経流通新聞・編 日本経済新聞社

「キーワードで時代を読む グリーンアロー・ブックス」
中江克己 グリーンアロー出版社

「大人の科学マガジン5号 2大ふろく・ロバート・フック式顕微鏡、プランクトン飼育セット ムツゴロウさんインタビュー、寺田克也版衝撃のミクログラフィア、微小世界への跳躍法、伝説の生物シーモンキーの正体とは?」
畑正憲、寺田克也、小林健二、串間務他 学研

「コスモスの思想 自然・アニミズム・密教空間」
岩田慶治 日本放送出版協会NHKブックス

「ダサイズムの逆襲 現象都市解釈 榎本了壱座談集」
榎本了壱 パルコ出版

「感覚の近未来 浮遊するポストモダン ワードマップ」
浦達也、松村洋、宇佐美亘 新曜社

「ロッキング・オン増刊秋号1977 岩谷宏のロック論集」
岩谷宏 ロッキング・オン


 入荷しました

 ほんのたまご

 マーティ・キーナートをWIKI PEDEIAで調べる

 三波伸介 (初代)をWIKI PEDEIAで調べる

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へにほんブログ村  人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。クリックしてご協力いただければ幸いです。

2016/11/28 13:45 | 新着情報

| HOME | 次のページ>>